大阪西北ロータリークラブ月例会

2018年6月5日(火)大阪市梅田にあるヒルトンホテルにて医者、弁護士、会計士、税理士、事業主、商工会議所役員、金融関係会社幹部などが集まる大阪西北ロータリークラブの定例会・特別講演に山田ゆうすけが招かれました。
「音に関する半導体チップ開発のエンジニアをバックグラウンドに持つ作曲家」という立場で音楽ビジネスを例に挙げた『モノつくり屋が歌つくり屋に~目指せ!にっぽん デジ・アナ立国!』というタイトルで、デジタル技術の発達とともに音楽の聴き方が変わってきたことと、日本のモノつくりの流れなどを時代の流れと共に対比しながら、これからの日本の目指すべき方向はデジタルとアナログをミックスした日本独自のスタイルを作るべきでは?というユニークな特別講演を行いました。