「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録のイメージ・ソング(応援歌)の発表コンサート

2019年4月16日(火)長崎県長崎市のにある長崎県庁の記者クラブで、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産登録記念応援実行委員会」(馬込彰委員長)の発足記者会見に、田勢康弘(一般社団法人 心を伝える歌の木を植えよう会)代表とともに同法人理事・事務局長の立場で、山田ゆうすけも出席しました。

この会見での目玉は、同実行委員会が推進する世界遺産のPR活動に桜井すずめさん(長崎市出身こころ歌大使)が出席して、こころの歌謡選手権の新たな課題曲となった「海があまりに碧いのです」がイメージソングに採用され、今後各地でPR活動することのプロモーションです。会見にはKTN(テレビ長崎)をはじめ、長崎新聞や、読売、毎日など多くのメディアが記者会見場に集まりました。

桜井すずめさんは、「一般社団法人心を伝える歌の木を植えよう会」が主催する「第1回こころ歌作詞/作曲コンテスト」でこの作品を応募し作曲賞をゲット。また、これを歌うボーカルオーディションにも合格してこの席に座るチャンスを掴みました。
この「第1回こころ歌作詞/作曲コンテスト」に『こころ歌創作大賞』としてこの作品が決まったのが2018年の4月。そして、その直後に長崎の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産の指定を受けるという奇跡のようなドンピシャのタイミングに、本人はもちろん関係者もびっくりしました。

作品の作詞は田勢康弘代表が「清志郎」のペンネームで担当しました。遠藤周作の小説「沈黙」の文学碑が長崎の外海の海を見下ろす出津文化村の丘にありますが、そこに「人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりに碧いのです」と記されています。田勢代表は、最高の宗教小説を題材に、この運命の出会いのような機会に一気に詞を書き上げました。
席上、メディアの質問に対し「一般社団法人心を伝える歌の木を植えよう会」としても、この作品のプロモーションには全面的に協力していくことを山田ゆうすけから説明をしました。

その日の夕方18時30分より、「長崎ANAクラウンホテル」で約150名のお客様と多くのメディアを迎え、「海があまりに碧いのです」の発表会が行われました。
山田ゆうすけが法人を代表して、まずは桜井すずめがこころ歌大使になるまでの経緯、そしてこの作品を歌唱するにあたってのコンテストの模様などの詳細を説明しました。

桜井すずめの描く「静」と「動」を折り混ぜたダイナミックで美しいメロディに、彼女の歌う切なくも熱い思いの歌唱で会場に集まった聴衆の心をワシ掴みにしました。

この楽曲の編曲は、昨年の決勝大会に演奏した海上自衛隊東京音楽隊の吹奏楽オーケストラのアレンジおよびレコーディングともに杉山直樹が担当しました。特に鐘の音と遠くから響いてくるようなユーフォニアムの音色から始まる前奏は、この作品のテーマとして隠れキリシタンの遠く、深い思いを奏でている傑作のアレンジで、会場もその音に静まりかえりました。

会場では、遠藤周作も小説のきっかけになったという長崎16番館の本物の「踏み絵」と「鐘」の展示がされ、この歌との3点セットで力強くプロモーションすることになりました。今後駅や港の待合室、各観光名所でこの歌がイメージソングとして流れることを期待して、力強く実行宣言が行われました。

関連URLはこちら
https://heartful-song.com/dayori005_nagasaki02/