希佑美〜こころの歌~ライブ in 四日市 

2019年5月12日(日)三重県四日市市のライブハウス「GALLIVER」において希佑美さんの「こころの歌ライブ」が行われました。沖縄で活躍中の希佑美さんですが、沖縄に移り住んで今彼女から歌を習っている「紅蘭 麗」さんが出身地である四日市で地元ライブを行いたいという依頼で開催したもので、紅蘭 麗さんのお父様「ルパン世産」も参加しました。
約100名のキャパで、親子のショータイム(7曲)と、希佑美さんのソロコーナーとして「グランパ」「はがゆい唇」「for you」など得意の高橋真梨子のカバーを6曲ご披露した後、希佑美のデビューシングルから3曲「雨あがり」「抱きしめて」「貴男の恋歌」を熱唱し喝采を浴びました。この3曲は全曲、作詞:高林こうこ、作曲:山田ゆうすけ、編曲:杉山直樹によるものです。
また、地元三重のこころ歌大使・水谷美奈子さん、下村幸司さんが参加して、「夢舞桜」(水谷美奈子)、「Espelho 鏡」(下村幸司)とそれぞれこころ歌の持ち歌課題曲を歌唱しました。
山田ゆうすけも特別ゲストとして出演し、希さんのリクエストで、「冬の烏」「センチメンタルジャーニ」「五条坂」など4月13日にリリースした新しいCDアルバム『冬の烏~高林こうこの世界を歌う~』から3曲歌い、プロモーションを行いました。エンディングには、飛び入りで名古屋からこころ歌大使の横井則子さんも駆けつけて「ひまわり海岸」(堀越そのえ作詞/山田ゆうすけ作曲/杉山直樹編曲)をみんなで歌いました。